相続に関連する法制度

相続に関連する法制度

民法改正の嫡出推定制度や再婚禁止期間の撤廃等とは何か?行政書士が解説!

子供が生まれたとき、その子は誰の子供かということを推定する制度があります。それを嫡出推定制度と呼ぶのですが、今回はその推定制度が社会問題と合わせてどう変わったのかについて解説していきます。おもしろおかしく探偵小説風? に書いてありますので、まずは楽しんでいただけたらと思っています。ぜひご一読ください。
相続に関連する法制度

相続回復請求権とは?概要や方法を行政書士がわかりやすく解説!

相談者様:50代 女性 先日、父が亡くなりました。家族は母と兄と私です。 母と兄と共に父の遺産を相続する手続きを行なったのですが、生前父が兄を相続廃除していたことが発覚しました。 そうすると、兄には相続権はありませんよね?   すでに遺産分...
相続に関連する法制度

賃借人が死亡した場合のアパートに住む権利は相続されるのか?行政書士が詳しく解説!

アパートの借主が死亡したとき、アパートにそのまま住み続けることはできるのでしょうか。実際アパートを借りる権利が相続されないのならば、住む場所がなく途方に暮れてしまう人もいると思います。今回は法律や判例がアパートの賃借権についてどのように考えているかを説明し、気をつけるべきポイントも明示していきます。
相続に関連する法制度

尊厳死宣言公正証書とは?終末期の意思表示について行政書士が解説!

「人として自然に死にたいのだけど、なにか準備しておくべきなのでしょうか」       「安楽死という言葉はよく聞くけど、尊厳死も同じ意味なの?」 「公正証書を作るだなんて大げさな気もするけどな」               皆様は尊厳死とい...
相続に関連する法制度

同性カップルの将来の相続について|法的な対策をパターン別に行政書士が解説!

「同性カップルの相続は手を打っておかないと大変なことになると聞いたので不安です」「対策がいくつかあるなんて初めて知りました」 「それぞれの対策のメリットとデメリットを教えてください」 皆様の中には、同性カップルの相続は異性カップルと比べて「...
相続に関連する法制度

生前贈与した場合に遺留分は関係ある?行政書士がポイントを解説!

生前贈与といって、死ぬ前に遺産をだれかに渡してしまう方法もあります。そうした場合、厳密な意味での遺産ではないため、それに対して相続の規定が適用されるのか気になる方もいるかもしれません。今回は生前贈与した場合に、遺留分が適用されるのか、また適用されるならどういった範囲かを解説します。
相続に関連する法制度

相続人が不存在の場合はどうなるか?新相続財産清算人を行政書士が解説!

「うちのアパートに住んでるAさん、身寄りがいないんだよね・・・」「相続財産管理人と相続財産清算人って似てるけど何が違うの」 「相続放棄したらもう物件は管理しないでいいんでしょ」 相続というと、経験したことのない方は漠然と「何かをもらえること...
相続に関連する法制度

遺言による担保責任の定めとは?行政書士がポイントをわかりやすく解説!

遺言に記載できることは限られていますが、結構細かなことまで記載できます。たとえば遺産に欠陥があったらどうするのか、という問題があります。その欠陥によって生まれた被害に責任を負うのは、本来本人ですが相続の場合本人がいないという事態になっています。そんな時、民法ではどうなっていて、そしてそれを変えてもいいのか、ということを解説します。
相続に関連する法制度

行方不明者を戸籍上消除する死亡者消除とは?失踪宣告との違いも解説!【相続の拳】

100歳以上の高齢者の方で所在不明の方がいる場合、戸籍はどうなるのでしょうか? 平均寿命から考えると、特に120歳や150歳といった方々はすでにお亡くなりになっている可能性も否めません。 そんな時に備え、死亡者消除という制度があります。また...
相続に関連する法制度

死亡とみなされる「失踪宣告」とは?相続人が行方不明な場合の対処法!

故人(被相続人)が遺言書を残していない場合、法律に則って遺産を相続しようとするならば、遺産分割協議を行わなくてはいけません。 この協議では、相続人全員が集まって財産をどの様に分割するかを話し合い、全員が「その分割方法で納得しました」と合意し...