2024-07

相続に関連する法制度

民法改正の嫡出推定制度や再婚禁止期間の撤廃等とは何か?行政書士が解説!

子供が生まれたとき、その子は誰の子供かということを推定する制度があります。それを嫡出推定制度と呼ぶのですが、今回はその推定制度が社会問題と合わせてどう変わったのかについて解説していきます。おもしろおかしく探偵小説風? に書いてありますので、まずは楽しんでいただけたらと思っています。ぜひご一読ください。
相続トラブル・事例

相続資格の重複とは?養子縁組をした場合はどのように影響するのかを行政書士が解説! 

相談者様:40代 男性 半年前、父が亡くなりました。 少し複雑なのですが、私は子どもの頃に祖母の養子になっています。 しかし、父の子であることには変わりないので、父の遺産を受け取るための相続手続きを家族と行っていたのですが、先日祖母まで急逝...
相続に関連する法制度

相続回復請求権とは?概要や方法を行政書士がわかりやすく解説!

相談者様:50代 女性 先日、父が亡くなりました。家族は母と兄と私です。 母と兄と共に父の遺産を相続する手続きを行なったのですが、生前父が兄を相続廃除していたことが発覚しました。 そうすると、兄には相続権はありませんよね?   すでに遺産分...
相続手続の基礎

相続で財産をもらった代わりのハンコ代とは|概要と金額等を行政書士が解説!

遺産分割協議では最後に相続人の署名と判子が求められます。それが成立の条件ですのですが、全員の同意を得て、判子を押してもらうのは大変な作業です。ですから慣習として、「お礼をあげるから判子を押してください」というハンコ代というものが生まれました。今回はこのハンコ代がどういうもので、どんな注意点があるかを時代劇風に解説します。ぜひご一読ください。
遺言書

停止条件付遺言とはどんなものか?行政書士がポイントと注意点を解説!

なにか財産を相続させる際、それに条件がつけられていることがあります。これを停止条件付遺言といいます。今回は、停止条件とはまずは何か、から始まって、停止条件付遺言の具体例、そして注意点、他にも似ているものとして負担付遺言というものがありますので、それと比較して停止条件付遺言がどんな性質のものなのかを端的に解説してみました。
相続手続の基礎

相続放棄後しても受け取れるお金がある?財産の性質を踏まえて行政書士が明快に解説!

相続放棄をしたら、被相続人に関連する一切の財産が受け取れないのでしょうか? 実はそんなことはありません。意外と受け取れるお金もあります。ただ、相続放棄後に受け取れない財産を受け取り使ってしまうと放棄が無効になることもあります。そんな風にならないよう今回の記事を読んで気をつけていきましょう!
遺言書

公正証書遺言の方が優先される?実際の効果と確実性を行政書士が解説!

公正証書遺言は公証人を通して作られるから、自分で書いた遺言よりも効力が強く優先するのではないか、と考える人も結構います。しかしそれは感覚的な考えであって、実際のところはどうなのでしょうか。また公正証書遺言とはいえ、完璧なわけではありません。今回はそんなふとした疑問をエンタメごころ満載、文学風に解説しました。ぜひご一読ください。
遺言書

各遺言書の撤回方法、注意点と撤回と見なされる行為を行政書士が紹介!

遺言を作成したけれど撤回したいというようなこともあるかと思います。それでは実際、撤回はできるのか、またどのように撤回をするのか、そして撤回にまつわる注意点を今回もおもしろおかしく解説してみました。これから遺言を作る際、または作ったけれど新しく作り直したい方など、ぜひご一読ください。
遺言書

遺言書の付言事項って何?行政書士がその本質と注意点を解説!

遺言には付言事項というものをつけることができます。これは簡単に言えば、遺言につけるメモのようなものです。他にも似たものにエンディングノートというものがあり、それとも比較をしながら、付言事項を書くとしたらどんなものを書き、何に注意すればいいのかを解説しました。遺言書を作る前に、ご一読ください。
相続手続の基礎

遺産分割協議は一方的に解除ができる?行政書士が内容や注意点を解説!

遺産分割協議が一方的に解除できる場合があるのかについて今回は解説してみました。また、解除以外にどんな方法で遺産分割協議をやりなおすことができるのか、いくつか具体的なケースを提示しています。遺産分割協議は本当に大切な話し合いですので、なるべく円滑に進む準備をもって臨むのがよいと思います。ぜひご一読ください。