普通養子縁組をした子はどうなる?相続時の注意点を行政書士が紹介!

普通養子縁組をした子はどうなる? 相続時の注意点を行政書士が紹介! 相続手続の基礎
相続手続の基礎

「普通養子縁組をした子が居るが、相続人にはなれるのか。」
「相続において、普通養子縁組の子と実子の違いはあるの?」
「今から普通養子縁組を行う予定だ。相続時に知っておくべき注意点はある?」

普通養子縁組とは、血縁関係にない方を親子関係にするためのしくみです。法定相続人には配偶者および第1順位~第3順位までの血縁関係のある方が該当しますが、血縁関係ではない普通養子縁組の子は相続時にどのように扱うのでしょうか。この記事では、相続時の普通養子縁組の子について、相続権の有無や注意点を行政書士が詳しく紹介します。

この記事の執筆・監修者
長岡 真也(行政書士)

長岡行政書士事務所代表。1984年12月8日生まれ。
23歳の時に父親をガンで亡くしたことから、行政書士を志す。水道工事作業員の仕事に従事しながら、作業車に行政書士六法を持ち込んでは勉強を続け、2012年に27歳で合格。
当時20代開業者は行政書士全体の中で1%を切るという少なさで、同年開業。以来。「印鑑1本で負担のない相続手続」をモットーに、横浜市で相続の悩みに直面する依頼者のために、誠実に寄り添っている。最近は安心して相続手続したい方々へ向け、事務所公式サイト上でコラムを発信しており、相続手続の普及に取り組んでいる。

今、悩まれている方はお問い合わせください

長岡行政書士事務所
まずは初回0円相談でお悩み解決!

ご予約・お問い合わせはこちら

平日9:00~21:00(土日祝日予約制)

普通養子縁組とは|相続はできるのか

普通養子縁組という仕組みをご存じでしょうか。養子縁組には2つのしくみがあり、「普通養子縁組」と「特別養子縁組」と呼ばれています。今回は普通養子縁組をご紹介します。

普通養子縁組のしくみ

普通養子縁組とは、実の親とは別に、養子縁組を行うものです。たとえば、よくあるケースには会社の後継者に実子を検討していたものの、子が居ない・子は居るが跡は継がなかったなどの理由で、従業員や遠縁の子を普通養子縁組することが挙げられます。

代々事業継承のために子に跡を継がせるご家庭や、相続対策にも行われています。

相続権は血縁の子と同様に発生する

普通養子縁組における相続権は、血縁である実子と同様に発生します。実の親の相続権も有するため、普通養子縁組の相続は以下のように行われます。

①実の親が亡くなった時の相続人になる

②養子縁組上の親(養親)が亡くなった時の相続人にもなる

特別養子縁組との違い

別記事でご紹介しますが、特別養子縁組とはどのように異なるのか、簡潔に解説します。

特別養子縁組では、実の親との親子関係は養親との親子関係をつくる段階で「断絶」します。つまり、普通養子縁組とは異なり、実親が亡くなった時に相続権は無くなります。養親の相続人になることは可能です。

同様に、子が先に亡くなった場合も、養親は相続人になれますが、実親は特別養子縁組後に相続人なることはできません。

普通養子縁組のもたらす相続へのメリット・デメリット

相続対策として行われることも多い普通養子縁組ですが、相続にもたらすメリット・デメリットにはどのような点が挙げられるでしょうか。この章で詳しく解説します。

普通養子縁組のメリット

相続税の基礎控除は、相続人の人数によって算出します。

■相続税の基礎控除 3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

つまり、普通養子縁組によって相続人が増えると、基礎控除が受けられる額は増えます。

また、生命保険の非課税枠は「500万円+法定相続人の数」、死亡退職金の非課税枠も「500万円×法定相続人数」のため、基礎控除以外でも法定相続人数が増えるメリットがあります。

養子の数は制約がある

法定相続人数が増えるとメリットがありますが、養子で無限に相続人が増やせないように、制限が設けられています。

  法定相続人に認められる養子数
実子がいない場合 2人まで
実子がいる場合 1人のみ

普通養子縁組のデメリット

相続面にメリットをもたらす普通養子縁組ですが、デメリットもあります。詳しくは以下です。

①相続人が増えることで遺産分割協議が揉める可能性

相続人が増えると、税務上のメリットはありますが、財産をその分多くの人数で分割する可能性があるため、相続人間で揉めてしまうおそれがあります。遺言書が無い場合は遺産分割協議を行う必要があるため、実子と養子の間で激しいバトルに発展するおそれがあるのです。

②相続税の2割加算

相続税には「2割加算」と呼ばれるしくみがあります。

養子は一親等に数えられますが、被相続人の養子となっている被相続人の孫の場合は、代襲相続等で孫自身が相続人となっているときを除き、養子縁組をしても相続税の2割加算対象となります。遺産を孫に承継させるために養子縁組をすることはよく見かけられますが、税制上の注意点があると知っておきましょう。

③離婚時にトラブルが起きやすい

結婚のタイミングで養子縁組をする人は少なくありません。婿養子となる方も多いでしょう。円満な夫婦・家庭関係では養子にはメリットがありますが、離婚することになったら、通常の離婚手続きだけではなく、養子縁組の解消も必要となるためトラブルが起きやすくなります。

離婚手続きだけでは養子解消にはならないため、手続きも複雑であると知っておきましょう。

普通養子縁組の図

普通養子縁組の相続を円満に乗り越える2つのコツ

相続対策や事業継承などを目的に「普通養子縁組」を行う方は多いですが、相続を円満に乗り越えるためにはどのようなコツが必要でしょうか。この章では2つの視点から、普通養子縁組のコツを紹介します。

家族間での話し合いの後に養子縁組をする

普通養子縁組は、結婚や事業承継を見据えたタイミングなどでよく行われる手続きです。特に、親族の中で事業などを承継してきた歴史があると、普通養子縁組に対する抵抗感は低いでしょう。

しかし、相続対策を目的に行う場合は「法定相続人数が増えるデメリット」をしっかりと把握しておく必要があります。税制上のメリットはあっても、遺産分割協議が難航してしまうなら、円満な相続とは言い難いでしょう。また、結婚のタイミングで行う養子縁組には、離婚する場合のデメリットも把握しておくべきです。

誰を、どのタイミングで普通養子縁組するのか、しっかりと家族間で話し合った上で決めることが大切です。

遺言書を作成して円満な相続を目指すこと

養子縁組時には円満な家族関係であっても、相続が開始された後に、実子と養子の間で遺産相続バトルが始まってしまうことは、決して少なくありません。特に財産額が多かったり、複雑な事業承継が絡んでいる場合は、遺産分割協議が難航しやすくなります。そこで、円満な相続を目指すためには、遺言書の作成がおすすめです。

養子に遺したい財産、実子に遺したい財産を遺言書で示すことで、遺産分割協議は不要となり、スムーズな相続が実現できます。

遺言書があると相続手続きがスムーズになる

遺言書があると、誰がどの財産を、いくら相続するのか示すことができるため、さまざまな相続手続きがスムーズになります。たとえば、財産をきちんと財産目録として作っておくことで、相続人がやるべき「財産の調査」が簡素化されます。

また、債務がある場合は、どこにいくらあるのか、きちんと遺しておくと、債務の承継に驚かなくてもよくなります。

相続が始まると、事業承継や退職手続き、相続税申告や相続登記など、やらなければいけない手続きが多く、被相続人によっても必要な手続きが異なります。家族が相続時に迷走しないためにも、相続手続きのロードマップとして遺言書を作ることがおすすめです。

普通養子縁組後は相続を見据えて遺言書の作成を検討

今回の記事では、普通養子縁組について仕組みや、相続時に知っておきたい注意点などを詳しく解説しました。普通養子縁組は相続対策に利用されることが多く、法定相続人が増えることで享受できるメリットがあります。

その一方で、離婚時や遺産分割協議時などにはトラブルも起きやすいため、養子を検討する際には慎重に決めることがおすすめです。

普通養子縁組後は、円満な相続のためにも作成メリットが大きい「遺言書の作成」を検討しましょう。

相続、遺言書の作成やご相談は、横浜市を中心に相続問題に寄り添う長岡行政書士事務所におまかせください。

今、悩まれている方はお問い合わせください

長岡行政書士事務所

まずは初回0円相談でお悩み解決!

ご予約・お問い合わせはこちら

平日9:00~21:00(土日祝日予約制)

この記事の執筆・監修者
長岡 真也(行政書士)

長岡行政書士事務所代表。1984年12月8日生まれ。
23歳の時に父親をガンで亡くしたことから、行政書士を志す。水道工事作業員の仕事に従事しながら、作業車に行政書士六法を持ち込んでは勉強を続け、2012年に27歳で合格。
当時20代開業者は行政書士全体の中で1%を切るという少なさで、同年開業。以来。「印鑑1本で負担のない相続手続」をモットーに、横浜市で相続の悩みに直面する依頼者のために、誠実に寄り添っている。最近は安心して相続手続したい方々へ向け、事務所公式サイト上でコラムを発信しており、相続手続の普及に取り組んでいる。

タイトルとURLをコピーしました