代襲相続、数次相続、再転相続などの法定相続人の範囲を網羅的に行政書士が解説!

代襲相続、数次相続、再転相続などの法定相続人の範囲を網羅的に行政書士が解説! 相続手続の基礎
相続手続の基礎

「相続の順番がこんがらがってしまったので、もう一回説明していただけませんか」
「直系卑属とか尊属とか、用語がどうも覚えられません」
「養子をとったり相続人が先に亡くなっていたりした特別なケースをまとめてほしいな」

本日は法定相続人の範囲シリーズ最後のコラムということで、総まとめ編になります。

理解の度合いを確かめていただき、不明点が見つかった場合は当該コラムに戻って確認してみてください。

この記事の執筆・監修者
長岡 真也(行政書士)

長岡行政書士事務所代表。1984年12月8日生まれ。
23歳の時に父親をガンで亡くしたことから、行政書士を志す。水道工事作業員の仕事に従事しながら、作業車に行政書士六法を持ち込んでは勉強を続け、2012年に27歳で合格。
当時20代開業者は行政書士全体の中で1%を切るという少なさで、同年開業。以来。「印鑑1本で負担のない相続手続」をモットーに、横浜市で相続の悩みに直面する依頼者のために、誠実に寄り添っている。最近は安心して相続手続したい方々へ向け、事務所公式サイト上でコラムを発信しており、相続手続の普及に取り組んでいる。

今、悩まれている方はお問い合わせください

長岡行政書士事務所
まずは初回0円相談でお悩み解決!

ご予約・お問い合わせはこちら

平日9:00~21:00(土日祝日予約制)

法定相続人の範囲と相続の順位

まず一番最初に強調したいことは、この法定相続はあくまでも遺言がない場合の話だということです。

遺言は故人の最後の遺志として最も尊重されますので、例えば遺言の中で家族ではない人に遺産を残すと書いてもその通りに実現させることが可能です。

法定相続人の範囲と割合

それでは、遺言がない場合はどのように相続は進むのでしょうか。

法律には「法定相続人」としてそのような場合に相続の権利を得る人間を規定しています。

法定相続人は全員で集まりどういう風に遺産を分割するかを決めなくてはいけません。

この話し合いの事を遺産分割協議といいます。

自由に分割割合を決めることも、法に則って分割することも(=法定分割)可能ですが、原則として法定相続人全員の同意が必要となります。

法定相続人と法定分割をまとめると、下記の図のようになります。

配偶者のみ配偶者が全て相続
配偶者と子(直系卑属は第一順位)配偶者が2分の1、子(全員で)が2分の1
配偶者と父母(直系尊属は第二順位)配偶者が3分の2、父母(全員で)が3分の1
配偶者と兄弟姉妹(第三順位)配偶者が4分の3,兄弟姉妹(全員で)4分の1

配偶者は常に相続人

配偶者は常に相続人となります。

つまり、妻が亡くなった際に夫がいたら、もしくは夫が亡くなった際に妻がいたら必ず配偶者として遺産を受け取る権利を有するという事です。

家族が配偶者しかいなければ、当然遺産全額が配偶者に受け継がれます。

配偶者と子や親がいた場合の相続人の順位

それでは、より現実に即した例で配偶者と子、親がいた場合はどうなるでしょうか。

夫A、妻B、夫妻の子C、夫の父Dという家族がいたとします。

不慮の事故により夫Aが遺言を残さず亡くなってしまった場合、まず配偶者である妻Bは相続人となります。

第一順位は子が法定相続人

残されたのは子Cと父Dですが、表の通り子は第一順位、父は第二順位です。

第二順位には上の第一順位の相続人がいない場合のみ相続の順番がまわってきますので、この場合ですと子Cは相続人となりますが父Dは相続人になれません。

なので相続人は妻Bと子Cになり、妻Bが遺産の半分、残りの半分を子Cが相続します。

もし子が複数いた場合は遺産を半分を子たちで等分しますので、子Cが長男、もう一人次男Eがいたとしたら妻Bが遺産の2分の1,長男Cが4分の1,次男Fが4分の1を相続することになります。

第二順位は親が法定相続人

それでは両親と兄弟姉妹がいた場合を考えてみましょう。

夫A、妻B,夫の母C,夫の妹Dがいます。

夫が亡くなると妻Bが相続人になるところまでは同じですが、子がいないので第一順位が存在せず、第二順位の夫の母Cが相続人となります。

夫の妹Dは兄弟姉妹の第三順位なのでこの場合は相続人にはなれません。

よって相続割合は妻Bが3分の2、母Cが3分の1となります。

あわせて読みたい>>>配偶者と子供の法定相続人の割合とその範囲とは?

あわせて読みたい>>>②配偶者と両親が法定相続人になる第二順位を行政書士が解説!

あわせて読みたい>>>③第三順位の兄弟姉妹と配偶者が法定相続人となる場合を行政書士が解説します!

相続における相関図22(復習_基本)

法定相続人の範囲で注意すること

これまで例を用いて法定相続人の範囲を説明しましたが、とはいえ現実はもっと複雑なケースもあり簡単には判断できないこともあります。

以下よく疑問が寄せられる代表的なケースを説明いたします。

子の配偶者は相続人になれない

子の配偶者と同居していたり、介護の面倒を見てもらっていて遺産を残してあげたいと願うケースも多いと思います。

ただ、結論から申しあげると子の配偶者は相続人にはなれません。

法律では血の繋がりを重視します。

子の配偶者とは血の繋がりはありません。

どうしても子の配偶者に遺産を残してあげたい場合は、遺言を書く必要があります。

遺言は法定相続に優先するからです。

または子の配偶者と養子縁組を結ぶかです。

配偶者の連れ子は相続人になれない

家族の形が多様化する中、再婚相手が既に子を持っていた、つまり連れ子が家族に加わるというケースも多くなるかと思います。

この連れ子も先ほど述べた血の繋がりで考えると、相続を受けることができません。

亡くなった本人と連れ子の間に血縁関係がないからです。

連れ子に遺産を残してあげるためには、やはり遺言を書くか、もしくは連れ子に自分の養子になってもらう必要があります。

養子になる事で実子と同じ権利を得ることができるからです。

ただ、「何もしない」と連れ子が遺産をもらえなくなってしまうので、再婚相手に連れ子がいる場合は注意が必要になります。

法定相続人が法定の割合で遺産をもらえないこともある

さて、少し見方を変えて「法定相続割合で遺産をもらえない」という状況を考えてみましょう。

遺言を書くと法定相続割合で遺産を受け取れない

例えば遺言で家族以外の第三者に遺産を全額譲る、と書いてあったような場合です。

相続人の範囲と順位は、すなわち法律が守りたい範囲と順番を示していると言えます。

配偶者は生活を維持する必要があり、子はまだ庇護が必要なことも多いでしょう。

なので配偶者と子は優先的に相続を受けることができるのです。

逆に親はもう経済的に安定しているでしょうし、兄弟姉妹は幼少期は同じ家族でももう独立して別の道を歩んでいます。なので順位は下位になっています。

遺言を書いても遺留分は請求できる

そして、法律は遺言でまったく遺産が遺されていなくても生活を守るための仕組みを備えています。

それが遺留分という、相続人に認められている最低限の相続財産を取得する権利です。

具体的には法定相続分の半分が遺留分の額となります。

相続人は自分に遺産が遺されてない場合は、遺留分侵害額請求といって遺留分に相当する金銭の支払いを請求することが可能です。

たとえば夫が亡くなった際に遺言がみつかり、その遺言の中で全くの赤の他人に遺産の全額を譲るとされていたら残された妻が生活に行き詰ってしまいます。

あわせて読みたい>>>遺留分を侵害する遺言は無効ではない!相続トラブルを防ぐポイントを行政書士が解説

遺留分を請求できるのは兄弟姉妹以外の相続人

よって妻は夫の遺産を受け取った人間に対し、自己の遺留分、つまり遺産の全額(=本来の法定相続分)の半分(=妻の遺留分)の金銭の支払いを要求できます。

また、相続人が直系尊属しかいない、つまり親や祖父しかいない場合のみ遺留分は半分でなく三分の一になることにも注意してください。

「代を飛び越える」3種類の相続を解説!

さて、最後に「代を飛び越える」特殊な相続の説明をいたします。

代襲相続、数次相続、再転相続と言われる相続です。

代襲相続相続人が被相続人より先に死亡してること
数次相続遺産分割協議が終わる前に次の相続が起きること
再転相続 熟慮期間が経過する前に次の相続が起きること

それでは、一つずつ説明をしていきましょう。

代襲相続は既に相続人が死亡していた場合に発生

夫Aと妻B、子CとCの子、つまり夫婦ABから見て孫になるDがいたとします。

子Cは不慮の事故により亡くなってしまい、その後夫Aも病気で亡くなりました。

夫Aの遺産は本来であれば妻Bと子Cに相続されるはずですが、このケースでは子Cが既に亡くなっているので孫Dが子Cの代わりに相続を受けることになります。

直系卑属、つまり下の代にたいする代襲相続は孫やひ孫が存在する限りずっと続きます。

直系尊属に対しても似たように「飛び越え」が発生します、つまり父母がいない場合は祖父母に相続されますが、法律では父母や祖父母をまとめて一つの直系尊属としてるので代襲相続には当たりません。

兄弟姉妹に対しても代襲相続が発生しますが、一回限りであり甥や姪までしか相続は続きません。兄弟姉妹はもう独立して家計を維持してることが多く、甥や姪以降になるともうほぼ他人に近くなってくることが直系卑属との違いとなっています。

あわせて読みたい>>>代襲相続と養子縁組がある場合の法定相続人の範囲と割合とは?行政書士が解説!!

相続における相関図23(復習_代襲)

数次相続は死亡時に存命だけど相続すると決めてから亡くなった場合

次に数次相続ですが、まずは遺産にはプラスの遺産とマイナスの遺産があることから説明をする必要があります。

負債や借金も遺産として相続人に引き継がれます。

極端な話、プラスのよりマイナスの方が多い遺産であればそもそも相続を放棄したほうがいいと考えるケースも出てきます。

このように相続人が相続を受けるか受けないかを判断する期間を「熟慮期間」と言い、遺産を残して亡くなった人(=被相続人)の死亡または自分が相続人であると知ったときから3カ月以内に判断する必要があります。

もしくは、熟慮期間中にどうするかの意思を示さないと、相続を受けると意思表示したものとみなされます。

あわせて読みたい>>>相続するか迷ったら?熟慮期間の伸長について行政書士が分かりやすく解説!

数次相続とは熟慮期間中に相続を受ける旨の意思表示をし、もしくは意思表示をしなかったために受けるものとみなされた相続人が、実際にどのように遺産を分けるのかを他の相続人達と決める前に亡くなってしまった場合の事を指します。

数次相続が起きると亡くなった相続人の子が相続を引き継ぐところは代襲相続と同じですが、元の相続人が既に亡くなっているか(=代襲相続)、相続を決めてから亡くなったか(=数次相続)の違いがあります。

あわせて読みたい>>>数次相続とは?両親が立て続けに死亡した時の手続きの概要と相続人の範囲を解説

相続における相関図25(復習_数次)

再転相続は相続に対する意思表示をする前に相続人が死亡した場合

最後の再転相続は、熟慮期間中に相続人が意思表示をせずに亡くなってしまった場合に発生します。

父Aが亡くなって子Bが相続を受けるかどうかはっきりする前になくなってしまい、孫Cが父Aと子Bの相続を両方受け継ぐような場合が再転相続です。

再転相続と数次相続の一番の違いは、孫Cが相続を放棄できるかどうかです。

再転相続の上の例を用いると、孫Cがとりうる選択肢としては、

  • 父A(=一次相続)と子B(=二次相続)の両方を受ける
  • 父Aと子Bの両方の相続を放棄する
  • 父Aの相続は放棄し、子Bの相続は受ける

の3つになります。しかし

  • 父Aの相続は受けて、子Bの相続は放棄する

ことはできません。一次相続は二次相続を通じて孫に受け継がれると考えられているので、一次だけ受けて二次は受けない、という相続は認められていません。

翻って数次相続では孫Cは父Aの相続を放棄することができません。

既に子Bが他の相続人に対して父Aの相続を受けることを表明しているので、子Bがなくなり相続が孫Cに移ったとしても急に父Aの相続を放棄することはできないのです。

あわせて読みたい>>>法定相続人が熟慮期間中に死亡した場合はどうなる?再転相続を行政書士が説明!

相続における相関図24(復習_再転)

円滑な相続のためにも専門家のサポートを積極的に利用しよう!

法定相続人の範囲や相続順位は法律で決められています。

本コラムでは簡易化された例を用いて説明をしましたが、実際はもっと相続人がいて関係は複雑なものになります。

また、相続人をしっかりと確定させるためには、亡くなった方が生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本を調査したりとやるべきことが多々あり日中は本業を持ってらっしゃる方々には荷が重いかもしれません。

さらに、数次相続や再転相続が発生するとさらに状況が複雑になり、最悪誰も手が付けられなくなりほっぽらかしになってしまう可能性があります。

できれば相続が発生する前から専門家のサポートを利用し、円滑な相続を達成しましょう。

遺言を残しておけば法定相続より優先されるので、より満足度の高い相続が可能となります。

長岡行政書士事務所は相続の経験が多々あり、相談者様に負担を極力かけないような「印鑑を押していただくだけ」の相続を目標にしています。

不明点や、不安を感じられている場合は是非当事務所にご相談ください。

今、悩まれている方はお問い合わせください

長岡行政書士事務所

まずは初回0円相談でお悩み解決!

ご予約・お問い合わせはこちら

平日9:00~21:00(土日祝日予約制)

この記事の執筆・監修者
長岡 真也(行政書士)

長岡行政書士事務所代表。1984年12月8日生まれ。
23歳の時に父親をガンで亡くしたことから、行政書士を志す。水道工事作業員の仕事に従事しながら、作業車に行政書士六法を持ち込んでは勉強を続け、2012年に27歳で合格。
当時20代開業者は行政書士全体の中で1%を切るという少なさで、同年開業。以来。「印鑑1本で負担のない相続手続」をモットーに、横浜市で相続の悩みに直面する依頼者のために、誠実に寄り添っている。最近は安心して相続手続したい方々へ向け、事務所公式サイト上でコラムを発信しており、相続手続の普及に取り組んでいる。

タイトルとURLをコピーしました