相続で財産をもらった代わりのハンコ代とは|概要と金額等を行政書士が解説!

遺産相続のかかるハンコ代とは 相場や注意点を行政書士が解説!【必察仕事人!一本判子の慎太郎】 相続手続の基礎
相続手続の基礎

この物語は、判子ひとつで相談者を安心させるべく行政書士業務に邁進する、とある人物が夢の中で見た相続問題解決物語です。

相続時に自分が財産をもらう代わりの謝礼「ハンコ代」というのを聞いたことがないでしょうか?今回は、その相続に係る「ハンコ代」をもとに「時代劇風」に解説していきます。

なお、時代劇の某名ドラマとは、一切関係がありません。

・・・・・

一かけ二かけ三かけて、”士”かけて察して日が暮れて。

夕陽の燃ゆる横濱で、紅い煉瓦に腰下ろし、遥か彼方を眺むれば。

この世はせつねえ事ばかり…。

片手に六法、ペンを持ち。

相続問題お察しし、判子ひと押し、任せてくんねえ。

慎さん、慎さん、何処行くの。

あたしは必察仕事人、一本判子の慎太郎と申します。

慎太郎「それで今日は、何処のどなたを救ってくれと仰るんで」

依頼人「慎さん、相続時のハンコ代という慣習のことがよくわかんないんだけど…教えてよ」

慎太郎「ええ、この慎太郎に任せてください」

この記事の執筆・監修者
長岡 真也(行政書士)

長岡行政書士事務所代表。1984年12月8日生まれ。
23歳の時に父親をガンで亡くしたことから、行政書士を志す。水道工事作業員の仕事に従事しながら、作業車に行政書士六法を持ち込んでは勉強を続け、2012年に27歳で合格。
当時20代開業者は行政書士全体の中で1%を切るという少なさで、同年開業。以来。「印鑑1本で負担のない相続手続」をモットーに、横浜市で相続の悩みに直面する依頼者のために、誠実に寄り添っている。最近は安心して相続手続したい方々へ向け、事務所公式サイト上でコラムを発信しており、相続手続の普及に取り組んでいる。

今、悩まれている方はお問い合わせください

長岡行政書士事務所
まずは初回0円相談でお悩み解決!

ご予約・お問い合わせはこちら

平日9:00~21:00(土日祝日予約制)

遺産相続時に発生するハンコ代とは?

被相続人の配偶者や子など家族が遺産分割協議を行うとき、円満に協議が進まないケースもあります。でも、場合によってはハンコ代を支払うことで協議を円滑にまとめていけることもあります。

「ハンコ代」は慣習的な呼び方

ハンコ代とは、遺産分割協議時に、遺産の取り分が少ない相続人などに支払うお礼のことです。法的な義務は特になく、「ハンコ代」という呼称も法的なものではなく慣習から来る呼び名です。

依頼人「慎さん、ハンコ代ってのは、印鑑を買うお金ってことじゃなかったんだね」

慎太郎「確かに印鑑そのものを買ってもハンコ代と言えるかもしれませんが、ちっと違うんです。遺産分割協議で相続人全員が合意をして締めくくるには、全員が実印を押さなきゃいけないんですよ」

遺産分割協議の成立には手間がかかりやすい

遺産分割協議の成立は実は結構大変です。それに法定相続分で決まっていたとしても、具体的にどのような内容で相続をするのかを決めなければなりません。そのためには多くの手間をかける必要があります。

依頼人「遺産分割協議では、法定相続分が決まっていて、決まった範囲で分割して終わりじゃないのかい?」

慎太郎「そもそも協議ですから、話し合いで相続人の取り分を決めていく場なんですよ。ってことは、受け取らない人がいても問題ないですし、『不動産は母ちゃん、預金は兄貴、証券関係は俺』というふうに財産の種類別に分配してもいいんです」

合わせて読みたい:法定相続をする時も遺産分割協議書の作成は必要?行政書士が解説!

依頼人「じゃ、話は案外まとまりやすいってもんじゃないのかい?」

慎太郎「ところがどっこい、そうはイカの煮つけってやつでしてね」

依頼人「なんだか冷やで一杯なりたくなる例えだね」

慎太郎「遺産分割協議の内容によっては、相続人の誰かが『ちょっと待った!』状態になって、すんなりいかない場合もあるんです」

依頼人「懐かしの、ねるとん紅鯨団みたいなノリだな」

ハンコ代の相場

協議をまとめるために、直接相続とは関係のないところで謝礼を用意しておくことは別に問題がありません。ハンコ代はそういった円滑に物事を進めるための潤滑油として有効な選択肢だと言えます。

では、ハンコ代の相場はあるのでしょうか?

慎太郎「ですんで、あらかじめお礼としてハンコ代を用意しておけば、『取り分が少なくてもお礼をくれたから納得しようじゃねえか』となるケースもあるってわけなんです」

依頼人「で、そのハンコ代ってのは、だいたいどのくらい払うもんなんだい?」

慎太郎「相場で言うと、約5万~30万程度ってところですかね。財産によりますが、高額の相続財産があるならもっと額が上がることもあります」

依頼人「ケチケチしてたら、収まるものも収まらないってことですね」

ハンコ代に法的な義務はない

ハンコ代はあくまでも慣習。相場感覚もざっくりしていて掴みにくいため、支払う側の相続人は「本当に支払わなきゃいけないの?」と判断に困るケースもあります。必ず必要かと言われれば、「必ずしも支払わなくてよい」が一般的な答えです。

話し合いを円満にするための提案

ハンコ代とは要するに遺産分割に係る段取りの一種です。あらかじめ渡しておくお礼の提案といった感じでしょうか。トラブルを未然に防ぐ、あるいはトラブルの長期化を防ぐためのものです。

依頼人「ま、要するに根回しの一種みたいなもんですよね。紛争を起こさないための下準備というか」

慎太郎「言い方はともかく、紛争の可能性があるなら、あらかじめお礼を提案しておくことで、調停や審判のリスクは避けやすいですよね」

合わせて読みたい:相続でもめたらどうなるの?遺産分割協議から遺産分割審判まで解説!

依頼人「お礼の提案ってのは、角が立たない、いい言い方だな」

慎太郎「特に介護や生活資金などの面で支えてくれた家族が、少ない遺産で相続に同意してくれそうなケースでは、これまでのお礼の意味も込めてハンコ代をお渡しすることで双方気持ちよく協議を終えられたりもしますから」

ハンコ代よりもコミュニケーションが大切

遺産分割協議において一番大切なのはやはりコミュニケーションです。ハンコ代を渡しておけばそれでいい、というわけではありません。逆に、法的な効力がないゆえに、「ハンコ代さえ渡しておけば」と考えていると厄介な問題になることがあります。

依頼人「もし『いらない』と言っているのに無理矢理ハンコ代を渡そうとするとどうなるんだい?」

慎太郎「『私の気持ちはお金では買えない』と、逆に敵愾心を持たれる可能性もありますね。そこはもう気持ちの問題なんですけど、ちゃんとコミュニケーションをとることが大事ですよ」

依頼人「相手の性格にもよりますね、それは」

慎太郎「そうなんです。『支払ってもらって当然』と思っている相続人に支払いをしなければ怒りを買うでしょうし、性格によってどこに地雷があるかわからないんです。ですから、トラブルになりそうならハンコ代ではなく、代償分割として協議をしたほうがいいこともあります」

合わせて読みたい:遺産分割時の換価分割とは|押さえておきたい4つのポイントを行政書士が解説

依頼人「くわばらくわばら、ほかに注意点はありますか?」

ハンコ代に贈与税がかかるかもしれない

ハンコ代は法律的に考えると贈与や譲渡に該当します。そしてそれには税金が発生する可能性があります。発生する税金とのバランスを取って、結果的にうまくまとまる選択肢を取るのがよいでしょう。

慎太郎「贈与と見なされる可能性があることですね。特に100万円を超える金額の場合は、暦年贈与の非課税枠である「110万円」を超えてしまう可能性があります。もうひとつ相続人によっては「やっぱりもっと欲しい」と追加請求をしてくる可能性も否めません」

依頼人「納得のいく金額を支払わなければハンコは押さねえぞ…ってスゴんできたときはどうしたらいいんだろう?」

慎太郎「まずは、納得のいく遺産相続がどのようなものか、相続人間で意見を出しあってまとめることですね。それでも協議が難航したら調停や審判を検討するしかないでしょう」

依頼人「なるほどなあ。ハンコ代ってのも便利に見えて、なかなか裏もあるってことなんですね。そもそも円滑な相続を進めるうえで、もっといい方法はあるんですか?」

遺産分割協議中のトラブルを防ぐ効果的な手段

ハンコ代は便利な方法ですが、どちらかといえばそれはコミュニケーションの一種として行われる行為です。やはり協議が難航しないよう、あるいは難航したときのため、他に有効な手段を知っておいた方が無難でしょう。

遺言を作成しておく

相続において最も話をまとめやすいのは、やはり遺言の存在です。遺言があれば、遺産分割協議すらする必要もなくなります。そのくらい、遺言というものは相続において明確な指針となるのです。

慎太郎「そういうときのために、この一本判子の慎太郎、一番お勧めしたいのが…(チャラリーン、チャララチャラリラ、ラリラリラ~♪)」

依頼人「おおう、どこかで聞いたことがある時代劇のBGMが流れてきた…そして、慎太郎が意味ありげな決めポーズをとっている…! 活字ばかりで見せられないのが残念だ!」

慎太郎「…遺言書でござい」

依頼人「いよっ、慎太郎! 千両役者!」

慎太郎「生前に思いを込めて書かれた遺言書を見て、『あえてモメてやろう』と考える人は少ないですから」

依頼人「そりゃそうだ。それでワザとやられたらたまったもんじゃないですよね」

合わせて読みたい:公正証書遺言の方が優先される?実際の効果と確実性を行政書士が解説!

あまりにも難航したら遺産分割調停を使おう

仮に遺言もない、遺産分割協議もまとまらない、となっても裁判所を利用して紛争を解決することができます。しかし多くの場合、裁判所に申し立てるというのは勇気がいる選択肢になります。最後の手段として把握しておくのがよいでしょう。

慎太郎「どうしてもトラブルを回避できなさそうなときは、遺産分割調停を検討すべきでしょう。遺産分割調停は公平な立場の調停委員がおり、冷静な話し合いを進めやすいですから。いずれにせよ、困る前に専門家への相談が一番ですよ」

依頼人「なにをいまさら。あたしはとっくに決めてるんだよ、お前さんに依頼するってね! ほら、判子一本、力になってくれねえか?」

慎太郎「合点承知! 大船に乗ったつもりで、お任せくださいよ!」

遺産相続のハンコ代で悩んだら行政書士に相談ください

以上、今回は遺産分割協議におけるハンコ代についてのお話でした。ハンコ代というものがどういうもので、そしてどのように活きてくるのか、わかっていただけたでしょうか。

やはり感情と利害が絡む場面でありますから、話し合いは大変です。ほんの少しのアイデアで、それがスムーズに進むならとてもよいことだと思います。

もしどうすればいいか困ったら、初回相談無料、経験豊富な行政書士からアイデアをもらってみませんか。

横浜市の長岡行政書士事務所へお気軽にご相談ください。

今、悩まれている方はお問い合わせください

長岡行政書士事務所

まずは初回0円相談でお悩み解決!

ご予約・お問い合わせはこちら

平日9:00~21:00(土日祝日予約制)

この記事の執筆・監修者
長岡 真也(行政書士)

長岡行政書士事務所代表。1984年12月8日生まれ。
23歳の時に父親をガンで亡くしたことから、行政書士を志す。水道工事作業員の仕事に従事しながら、作業車に行政書士六法を持ち込んでは勉強を続け、2012年に27歳で合格。
当時20代開業者は行政書士全体の中で1%を切るという少なさで、同年開業。以来。「印鑑1本で負担のない相続手続」をモットーに、横浜市で相続の悩みに直面する依頼者のために、誠実に寄り添っている。最近は安心して相続手続したい方々へ向け、事務所公式サイト上でコラムを発信しており、相続手続の普及に取り組んでいる。

タイトルとURLをコピーしました